新着情報

『引退者挨拶』・・・#10田中 真波選手

2014.05.16

トヨタ紡織サンシャインラビッツ #10田中 真波(サク)です。

 

小学校2年生からバスケを始め、18年間バスケをやってきましたが、

サンシャインラビッツに入団して3年が経ち、今年で引退する事を決めました!

まず初めに、3年間応援してくださった家族、後押ししていただいた恩師、友人、チームメイト、応援団、会社の方々本当にありがとうございました。

みなさんの支えがあり、ここまでバスケットができたと感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、3年間このチームでプレーが出来て本当に良かったです。

 

この3年間を振り返ってみると、本当に色々な思いがありました。

1年目、チームに慣れることに精一杯で毎日一生懸命やる日々でした。その中で、『W1リーグ優勝』、『国体優勝』という成績を一年目から経験させていただけました。

2年目、ヘッドコーチが変わり、プレースタイルも変わり、色々と悩みながらの一年、そして、初めてのWリーグでの試合は力の差を実感しました。

3年目、プレーができない時期があり、落ち込んだりしましたが、最後までやりきることができました。

この3年間、コートに立ちプレーしている姿はなかなか見せられなかったのですが、応援団の人やファンの人の中で声をかけてくださる方がいて、「サク~頑張れ~」という声が聞こえるたびに頑張ろうと思えました!

誰もがやりたいと言って、やれる場所ではない舞台でプレーができたことは本当に良かったです♪

また、トヨタ紡織サンシャインラビッツの一員としてプレーができ、コートに立てた事が本当に幸せです。

本当に本当にありがとうございました。

 

これからはサンシャインラビッツを応援し続けます!

3年間、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。


左が田中選手

最新ニュースの10件

ページのトップへ戻る