新着情報

『引退選手挨拶』・・・#8松澤 希美選手

2015.04.14

小学校からバスケを始め、17年間バスケをやってきましたが、

サンシャインラビッツに入団して3年が経ち、今年で引退する事を決めました。

まず初めに、3年間応援してくださった家族、後押ししていただいた恩師、友人、チームメイト、応援団、会社の方々本当にありがとうございました。

みなさんの支えがあり、ここまでバスケットができたと感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、3年間このチームでプレーが出来て本当に良かったです。

自分のユニフォームができ、サインができ、試合をやっていくに連れて「夢の舞台で出来ている」と実感がわき始めてから3年が経ちました。

この3年間を振り返ると、楽しいこともありましたが、やはり苦しいときの方が多かったように思います。3年間けがに悩まされ、バスケが出来ない時間がとてもつらかったことを思いだします。でも、仲間に励まされ、苦しいときもつらいときもいつも一緒にいたチームメイトのおかげで頑張ることができました。今シーズンは、特にチームが一つになって戦っていると感じた試合が多く、勝利にもつながり仲間の存在がすごく大きかったと実感しています。

3年間一緒に戦ってきた仲間は、私の宝ものです!

 

誰もがやりたいと言って、やれる場所ではない舞台、小さい頃からの夢であった舞台でプレーができたことは本当に良かったです!

また、トヨタ紡織サンシャインラビッツの一員としてプレーができ、コートに立てた事が本当に幸せでした。本当に本当にありがとうございました。

 

最後に3年間、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。
最新ニュースの10件

ページのトップへ戻る