新着情報

#15山中選手『今シーズンを終えて』コメント

2016.03.23

はじめに、今シーズンも沢山のご声援をありがとうございました。

会社の方やファンの方、また家族や友人など、多くの方々に支えていただき、

この長いシーズンを、最後まで戦い抜くことが出来ました。

 

全部で27試合でしたが、試合を重ねる毎に、

だんだんと自分たちが目指していたバスケットができるようになり、

「こういう戦い方をすれば勝てる」と、自分たちの自信となるような白星も取れ、

上位チーム相手に手応えを感じた試合もありました。

 

ただ、成績は目標のベスト4には届かず、6位と悔しい結果となりました。

ベスト4の壁を越えるためには、技術や体力のレベルアップだけでなく、

大事な場面で力を発揮できるような、一人一人の強いメンタルが必要だと感じました。

 

個人としては、2年振りのシーズンとなりました。

コートに立てる喜びを感じながらも、2年分の想いを

どうにかぶつけたいと、無我夢中でもがいたシーズンでもありました。

怪我でほとんどコートに立つことができなかった間、

 

「チームのリズムが悪いときは、何が足りないのか。」

「私がどういうプレイをしたら、チームの力になれるのか。」

「何を頑張るべきなのか。」

 

など、チームを客観的に見て、自分なりに考えていたことが、

シーズンを通して、少しはコート上で表現できたかなと思います。

 

今シーズンで感じた、自分たちの弱さをしっかり受け止め、

来シーズンに繋げられるよう、これからも日々の練習に励みたいと思います。

 

今後とも、トヨタ紡織サンシャインラビッツをどうぞ宜しくお願いいたします。


最新ニュースの10件

ページのトップへ戻る