新着情報

【引退者 挨拶】 #15山中 美佳選手

2018.05.12

昨シーズンをもって引退する事を決めました。

小学校3年生から始めた約20年間のバスケット人生に終止符を打つことになり、少し寂しい気持ちもありますが、今は、やり切ったという充実した気持ちでいます。

 

サンシャインラビッツに加入して7年間、本当に色んな変化があり、会社の方々にはバスケットに専念できる環境を整えていただきました。その期待になかなか応えられなかった事には、とても不甲斐なさを感じています。それでも、熱い声援を送っていただき、沢山のサポートをしていただいた事、本当に感謝しています。

振り返ってみると、周りの方々の支えがあって私たちはコートに立ち、バスケットが出来ているという事を、身にしみて感じる7年間でした。

 

私自身、怪我で2年間を棒に振り、選手としてどん底を経験しました。その間にも、沢山の方に声をかけていただき、励まされ、支えてもらいました。

当時は怪我をして損してばかりだと感じる事もありましたが、今となってはその経験があったからこそ今の自分があり、精神的にも強く成長出来たのではないかと感じています。

リハビリ期間中には、チームを客観的に見られる機会があり、自分のやるべき事がはっきりみえたことや、自分はこんな選手になりたいと強い想いを持つこともできました。

そして、復帰してからは、コートに立てる喜びとバスケットの楽しさを改めて感じ、本当にあのどん底から辞めずに、今まで続けてきて良かったなと心底思っています。

 

これまで応援し続け、支えてくれた家族、恩師、友人、そして会社の方々、応援団、ファンの皆様、本当にありがとうございました。

そして、沢山の辛いこと苦しいことも一緒に乗り越え、一緒に戦ってきたチームメイト、バスケットに取り組む姿勢から、日々の積み重ねと想いをコートで表現する強さを教えてくださったスタッフの方々、心から感謝しています。

 

この7年間、サンシャインラビッツでバスケットが出来たことは、私の財産であり、誇りです。

これからもトヨタ紡織サンシャインラビッツを応援しています。

7年間本当にありがとうございました。

 


花束贈呈

引退者 山中選手 挨拶

職場の皆様から応援バナー贈呈

最新ニュースの10件

ページのトップへ戻る